2017年2月小浜島旅行1日目-中部国際→小浜島までの移動&居酒屋あーじゅで夕食-

妻と2泊3日で小浜島旅行に行ってきました。
妻は私よりも旅行好きなので、SFC修行期間中に一回くらいは一緒に連れていかないと文句が出そうだったので。。

SFC修行の一環でもあるので航空券はマイルでの特典発券ではなく、スカイコインで購入しました。ローシーズンだから航空券が安いですねぇ。マイルで発券するのがもったいなくなるくらいです。中部国際からだと往復16000マイルですからね。これだけ安いと解脱後のローシーズン石垣旅行でもマイルは使わないと思います。

出発空港 到着空港 出発時間 到着時間 運賃種 運賃 PP PP単価
中部国際 石垣 11:55 14:50
15:00
旅割45 12910 1566 8.2
石垣 中部国際 15:45 17:55 旅割45 12910 1566 8.2

2月のローシーズンということもあり天気が不安でしたが、なんとか観光日には青空を見ることができました。

今回の記事では旅行初日の中部国際空港から小浜島までの移動と着いてからの夕食について書いてきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

中部国際セントレア空港のまるは食堂で昼食


11:55~15:00まで機内なので、飛行機に乗る前に昼食を済ませておきます。
1人だったらカードラウンジで千寿の天むすを食べるところですが、今回は妻のリクエストでまるは食堂へ。夫婦で空港で食事となったらほぼ確実にここになります。
まるは食堂は大きなエビフライが有名な和食屋さんで、エビフライ以外にも刺身や焼き魚などがいただけます。
エビフライ以外のメニューは店頭・店内のボードに書いてあるのでそちらも見るようにして下さいね。
ここではエビフライと刺身のついたセントレア定食(1350円)を頂きます。安定の満足感。

B737-500で中部国際空港から石垣空港へ


今回の旅行では往復ともに中部国際⇔石垣空港の外れ機体「B737-500」でした。。狭ぇ。前の席との距離が近いだけでなく、シートの角度も鋭角なので小柄な妻も「疲れる」とぼやいてました。
中部国際空港から石垣空港に行く方はB737-800の時を選んで乗りましょうね。
同じ料金でも全然違いますよ。下の写真はB737-800。雲泥の差ですよね。

石垣空港から離島ターミナル経由で小浜島へ

定刻よりも10分早い14:50に石垣空港到着。
手荷物のみなのでスムーズに空港の外に向かい、そのまま15:00発の離島ターミナル行きの東運航のバスに乗車。離島ターミナル行きのバスは00、15、30、45の15分間隔で運行しています。
石垣空港から離島ターミナルまでの運賃は540円ですが、往復券を買うと1000円なので運転手さんに言って往復券を購入。空港線を往復する人は買っておきましょう。乗り降りするのは空港と港以外でもOKだそうです。
この他にも1日フリー乗車券1000円や5日フリー乗車券2000円もバスの中で販売しています。5日券の安さが際立ってますね。

15:36に離島ターミナル到着。
バス降車時に安栄観光の割引券をもらいます。これで船賃が260円引きになります。

都合よく16:00に安栄観光の小浜島行きフェリーがあったので、先ほど頂いた割引券でチケット購入(片道1060円→800円) 。
小浜島には25分で到着。船で移動中の写真が無いのは曇っていて景色が微妙だったからだと思います。
石垣⇔小浜島の船便時刻表を貼っておきます。

港からはいむるぶしへ

船から港に降りたら、そのタイミングに合わせて待っているホテルのお迎えバスに乗り込みます。今回宿泊するのはバスにも書いてある通り「はいむるぶし」です。高速バスみたいな大きなバスなのに、この時間の便に乗ったのはたったの3組でした。贅沢です。ローシーズンだからでしょうね。

バスは16:32に港から出発し、3kmほど走ってはいむるぶしに到着。


チェックインしたらカートで部屋まで案内してもらいます。

今回はオーシャンビュースイートのお部屋にしました。
ローシーズンはローシーズンなだけあって天気が悪い可能性が高いです。悪天候の場合、観光に行けず、ホテルで過ごす時間が多くなるだろうということで、保険として良い部屋にしておきました。ローシーズンなので半額となっており、1泊2名朝食付きで35000円です。
ロイヤルハワイアンの壁ビュールームが素泊まりで$400なんで、それより断然お得感があると思うのですがどうでしょうか。

わーすごーい!ひろーい!たーのしー!と語彙力のない感想を垂れ流しながらしばし過ごします。


オーシャンビューの名の通り、目の前には海!
テラスにはソファとハンモックが設置されてます。

はいむるぶしの詳細については別記事にまとめました↓。

【小浜島】はいむるぶしのオーシャンビュースイートに泊まってきた
今年の2月に「はいむるぶし」のオーシャンビュースイートがローシーズン価格で半額だったので泊まってきました(1泊2名で35000円 朝...

じゃらんnet

はいむるぶしの夕食メニューがいまいちピンと来なかったので、小浜島滞在中の夕食は島の居酒屋で食べることにしました。

居酒屋あーじゅで夕食



小浜島の居酒屋さんはホテルまで送迎してくれるお店が多く、この日に夕食を取ったあーじゅも送迎付きでした。予約時に19:30に迎えに来るようお願いしておいたら、19:25にホテルフロント前に来てくれました。時間通りに来るなんて沖縄っぽくないですね。素晴らしいことです。

メニューはこんな感じ。泡盛は請福と八重泉。

帰りは毎時20分と50分発みたいです。

早速注文していきます。
ラフテー(700円)。3切れ。味は甘辛い感じで美味しかったのですが、お通しかと思う位少なくてちょっとがっかりです。。

紅芋のてんぷら(600円)。想像通りの味。

もずくのてんぷら(600円)。モズクってモズク酢以外の食べ方ってあるんですね。結構イケました。ここまでの3品が全部小さめの皿で出てきたので、この店の1人前はこれくらいの量なんだなと思い、そばとチャンプルーとチャーハンを追加注文。

八重山そば(600円)。これまでの小さめな皿とは傾向が変わり、そば屋で食べるとの同じくらいのサイズの丼で出てきました。
塩気濃いめですが飲んでる時はこれくらいがちょうどいいと思います。スープ全部飲んじゃいました。

ゴーヤチャンプルー(700円)。こちらも大き目な平皿で出てきました。普通の居酒屋の炒め物の量です。お腹いっぱいになってきました。

最後にチャーハン(600円)登場。メニューには取り消し線が引かれてましたが、黒板に書いてあったので注文してみました。バターライスっぽい味付けで妻のお気に入りです。美味しかったけど多かったですね。2人前くらいあったんじゃないでしょうか。

お会計は2人で5500円位でした。離島で飲み食いしてこれなら安いのではと思います。ホテルまでの送迎もついてますしね。
あーじゅはメニューによって量の差が大きいので、読み違えると我々のようにお腹ぱんぱんになります。そこだけご注意ください。後半3品の内1品削るくらいがちょうどいいと思います。

食後、お店の人にホテルまで送ってもらって1日目は終了です。
明日は自転車で小浜島を観光します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。