2016年GWハワイ旅行3日目②-ワイキキではやっぱり詐欺に注意-

ワイキキには観光客を狙った詐欺師が結構いっぱいいます。
去年のハネムーンの時も勝手にレイを渡して募金を要求する「募金詐欺おばさん」に出会いましたが、
今回は別のパターンの詐欺師に出会いました。しかも2パターン。
お金を要求される前に断ったり立ち去ったりしたので、
詐欺師と確定したわけではないのですが、おそらく詐欺師です。
皆さんも気を付けてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ワイキキであった詐欺師たち

1件目:署名詐欺orアンケート詐欺

クヒオ通りでThe Busから下車し、ホテルまで歩いている時に、

「チョット オニイサン スコシダケ」

と片言の日本語で話しかけられました。

手にはプラスチック板に紙を固定したものを持ってます。
これは署名詐欺orアンケート詐欺だなーと思い、

「No」

とだけ答えると、

「チョットダケ」

と食い下がってきたので再び

「No」

今度はもう少し強い口調で言ったら、それ以上声をかけてきませんでした。
この手の詐欺は署名すると寄付だなんだと言って$20程度要求されるようです。
そこに話がいく前に打ち切ってしまえばいいのです。話に付き合う必要はありません。
日本語で話しかけてくる外国人は詐欺師くらいの気持ちでいれば詐欺被害にあわずに済みますよ。

2件目:オウム詐欺

1件目の詐欺をやり過ごした直後のことです。
信号待ちしていたら今度はオウム持ったおっさんが妻の背後から近づいてきました。
勝手にオウムを肩に乗せて写真を撮り、その代金を請求するオウム詐欺です。
妻は気づいてなかったので、手を引いてオウム詐欺のおじさんと距離をとるようにし、
「近づくな」という意思を込めて睨むとオウムおじさんは離れていきました。

2件ともモアナサーフライダー前のカラカウア通りを挟んだ交差点での出来事です。
こんなメインストリートでも詐欺師はいるので、気を付けてくださいね。
高級ホテルの目の前なのに。。
moana.jpg

ハイステーキとかアイランドヴィンテージコーヒーシェーブアイスとか

この日の夕食はクヒオ通りのフードパントリー内にあるハイステーキのステーキプレート。
IMG_2044.JPG
注文したら作り置きのステーキを手際よくカットして詰めてくれました。
ソースは5種類から選べますが、
今回チョイスした照り焼きソースは甘ったるくて好みではありませんでした。
これならチャンピオンズステーキの方が断然いいなぁ。値段も変わらないし。
もしかしたらソースの選択をミスったかもしれません。次は口コミで人気なガーリックバターにしてみます。
IMG_2043.JPG

食後のデザートはロイヤルハワイアンセンターB館1Fにある
アイランドヴィンテージコーヒーシェーブアイスの
ヘブンリーリリコイシェーブアイス($7.85)を頂きました。
来店したのは21:30頃と閉店間際でしたが、15分待ちでした(営業時間:10:00~22:00)。結構人気みたいですね。
店頭の写真。照明が少ないのでなんだか薄暗い。中でおねーさん達がせっせとかき氷を作ってます。
IMG_2042.JPG
IMG_1528.JPG
これは大当たりでした。
リリコイ(パッションフルーツ)とストロベリーのシロップは、
生のフルーツから作られたものなので美味しいだけじゃなくヘルシー。
コンデンスミルクの優しい甘さも良い感じ。
また、内側にオーガニックフローズンヨーグルトが入っているので、
最後まで飽きずに食べることができます。
普通のかき氷だと、シロップがかかっている外側はおいしいけど、
氷比率が多くなる内側は味が薄いなんてことありますからね。

ロイヤルハワイアンセンターが目の前なので食べる席に困ることもないでしょうし、
量も2人でシェアするとちょうど良い量でした。
ここは必ず再訪します。

そんな感じで3日目終了です。
4日目はレンタカーを借りてドライブです。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。