マリオットと合併してもSPGのポイントプログラムは2018年8月まで継続決定

・2018/4/17追記

2018年8月からSPGとマリオットが統合された新しいプログラムがスタートします。
詳細は以下公式ページ参照。

新プログラムの概要

・1スターポイント=3ポイントに変換

・ホテルで$1毎に10ポイント獲得(エリート会員は追加ボーナスあり:シルバー10%, ゴールド25%, プラチナ50%, プラチナプレミア以上75%)

・マイルへの交換は3ポイント=1マイル。60000ポイント交換すると15000ポイントボーナス付与されて25000マイルに交換可能。SPGプログラムと交換率は同じですね。

・上級会員はプラチナの上にプラチナプレミア、プラチナアンバサダーの2つが追加。

・ゴールドとプラチナの特典は以前と大して変わってないけど、ゴールドのレイトアウトは午後4時までから午後2時までに(プラチナ以上は4時まで可能)…

・SPGゴールドは新プログラムゴールドになり、マリオットゴールドは新プログラムプラチナになるとのこと。

…ってことはSPG AMEXホルダーはマリオットゴールドにステータスマッチできるから、新プログラムプラチナになれるかも!

SPG会員資格と新プログラムの会員資格

SPG会員資格 新プロラム
ゴールド ゴールド
プラチナ プラチナ
プラチナ+75泊 プラチナプレミア
プラチナ+100泊 プラチナアンバサダー

マリオット会員資格と新プログラムの会員資格

マリオット会員資格 新プロラム
ゴールド プラチナ (マジ!?)
プラチナ プラチナプレミア
プラチナ+100泊
+2万ドル利用
プラチナアンバサダー

って思ったのですが、SPG AMEX更新無料宿泊特典の予約ついでにSPGデスクに確認したところ、SPG AMEXのおかげでマリオットゴールドになっている会員は8/1以降の新プログラムではゴールド会員になるとのことでした。泊数で計算しなおすからって。

それだとマリオットプラチナチャレンジの人らも泊数は少ないよね?って聞いたら、それについてはSPGでは分からないからマリオットに聞いてってさ。

というわけで、SPG AMEX会員=新プログラムゴールド会員と考えていいでしょうね。

でも外資系ホテルチェーンは適当なことしてくれる時もあるので、薄っすら期待しながら夏を待ちましょう。仮にだめでも「まぁそうなるって言ってたしね」って感じで。

SPG AMEX更新時に貰える無料宿泊特典は継続で、マリオットのホテルにも使えるようになります。カテゴリーのアナウンスはまだなんで、もう少し待ちましょう。

SPG AMEXのカード利用分のポイント付与については、普段の買い物は100円利用で3ポイント(=1マイル)貯まるようです。6万ポイント交換ごとに貰えるボーナスを合わせたら1.25%のマイル還元率は変わらずですね。

SPG/マリオットリワード参加ホテルでの利用は6ポイント/100円とのこと。

あと、毎年5泊分の宿泊実績がもらえます。プラチナまで45泊…遠いぜ。

トラベルパッケージはどうなるんだろう?って思ってたら続報が来ました(下サイト)。バッチリ改悪ですんでスターポイント貯めこんでいる人は8月になるまでに代えておきましょう。

Marriott Rewards has now announced the new Travel Packages that will be in effect come August 2018 when all the three programs are merged. If you are planning t...

公式のトラベルパッケージページは↓

でも、8月までにトラベルパッケージに代えたとして、宿泊ホテルのカテゴリーの扱いはどうなるんだろうか。8月前にカテゴリー6のトラベルパッケージを取得して、8月以降に予約できるのはカテゴリー6のままなんだろうか。もしそうなら嬉しいな。

8月以降のカテゴリーは以下公式ページをご参照ください。

Explore Free Night Award redemption rates for all 6,500 participating hotels across 29 brands. Rates take effect in August.

SPGアメックスの更新特典で泊れるホテルはカテゴリー6から50000ポイントまでのホテルに変更されるみたい。

ハワイで考えるとロイヤルハワイアンやモアナサーフライダーにローシーズンしか泊れなくなるんで改悪なんだけど、更新特典でマリオットやリッツカールトンにも泊まれるようになるって考えればアリかもしれない。

——–ココより下は元の記事です——–

SPGからこんなメールが来ました。
公式ページでも見れます。

スポンサーリンク



———————————
SPG会員へ

色々あったけどマリオットと合併することにしたよ。

両社の株主もOKって言ってるから、
合併は今年度半ばには完了するよ。

でもポイントプログラムの統合はもうちょっと後だね。

SPGをどんな形で新しいプログラムに統合するかはこれから考えていくけど、
運用開始は2018年になりそうだよ。

それまでSPGとマリオットのポイントプログラムは、
それぞれ独立してサービス継続するから今後ともよろしくね。

SPGより
———————————

合併と同時にマリオットのプログラムに統合されるという最悪の事態は避けられたようです。
2018年まではSPGを今までと同じように使えるみたいなので、SPG AMEXユーザーの私としては一安心です。
↓みたいな使い方している人結構いると思うんですよ。
SPGのスターポイント→BAのアビオスポイント→JAL国内線特典航空券

2018年以降、単純にマリオットのプログラムに統合されてしょぼくなるのか、それとも公式メッセージに書いてある通り、「お客様の声を大切にした満足できるプログラム」になるのかは現時点では分かりません。

ただ、それなりに時間をかけて検討しようとしてくれているので、期待して待っていましょう。
ダメなら他に移るだけですしね。

・2016/9/24追記
SPGとマリオットの会員ランクのステータスマッチができるようになりました。

SPGゴールド=マリオットリワードゴールド
SPGプラチナ=マリオットリワードプラチナ

旅行時に宿泊できるホテルの幅が広がるのは喜ばしいことですね。
SPG AMEXのおかげでSPGゴールドになっている私でも
マリオットリワードのアカウントを作成して、
ステータスマッチしたら一瞬でゴールド会員資格が貰えました。
SPG マリオット.jpg

マリオットゴールド会員は
・レイトチェックアウト
・部屋の無料アップグレード
・25%のボーナスポイント
・週末10%割引
となかなかいい特典なので、SPG AMEXホルダーの方はマリオットリワードゴールド資格も入手しておきましょう。

また、今回のタイミングでSPGのスターポイントとマリオットのリワードポイントの相互交換もスタートしました。

1スターポイント=3リワードポイントの交換レートで1000ポイントから即時交換できます。
スターポイントはマイレージプラスへの交換比率が2:1と悪いのが弱点でしたが、
マリオットのリワードポイントを経由することでその問題を解決することができるようになりました。

・今まで
20000スターポイント→10000マイレージプラス+ボーナス5000=15000マイレージプラス

・これから
19000スターポイント→57000マリオットリワード→25000マイレージプラス+1000マリオットリワード
スターポイントからの交換率が130%を超えるので、これまでよりもかなりお得なルートができました。
マリオットリワードからマイレージプラスの交換比率は交換ポイント数が増えるほど良くなっていき、56000以降は交換比率が上昇しませんので、スターポイントから交換開始する時は19000スターポイント貯めてから交換実行するとお得です。
8000マリオットリワード→2000マイレージプラス(交換比率25%)
15000マリオットリワード→5000マイレージプラス(交換比率33%)
24000マリオットリワード→10000マイレージプラス(交換比率41.7%)
56000マリオットリワード→25000マイレージプラス(交換比率44.6%)
112000マリオットリワード→50000マイレージプラス(交換比率44.6%)

両リワードのポイント制度はゴールド会員の場合、
SPG:$1当たり3スターポイント+1滞在当たりウェルカムギフト250ポイント
マリオット:$1当たり10リワードポイント+25%ボーナス
です。
滞在費が$215を超える場合は、マリオットリワード貯めてスターポイントにした方がポイント効率が良さそうですね。

以上、マリオットと合併した後のSPGのポイントプログラムについてでした。
SPGとマリオット合併後のポイントプログラムについてのQ&Aは下記公式ページで見ることができます。
http://members.marriott.com/ja-JP/faq/

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)