SMBC信託銀行ダイナースカードが各種特典廃止も年会費特典は継続とのこと

年会費が高額なダイナースクラブカードですが、
年間30万円利用すると次年度年会費が無料になる提携ダイナースカードがありました。

SMBC信託銀行ダイナースクラブカードです。
元シティバンクダイナースカードと言った方が分かる人が多いかもしれません。

去年、シティグループが日本撤退した後、
シティバンク銀行のリテールバンク事業はSMBC信託銀行に引き取られ、
シティカードジャパンは買収されたのちに三井住友トラストクラブに社名変更されました。

その結果、「シティバンクダイナースカード」は
「SMBC信託銀行ダイナースクラブカード」に名前を変えて存続することになったのですが、
先日、SMBC信託銀行と三井住友トラストカードの業務提携終了の発表がなされ、
1/31で新規カード発行受付停止し、
2016/7/31をもって当該カードの各種特典は廃止されることになりました。

誕生から1年も経たずになくなってしまうなんて。。

SMBC信託銀行のページを見ると、カード年会費特典も含めて廃止されるみたいに書いてありますが、
三井住友トラストクラブのページには年会費特典のみは当面の間継続されると書いてありました。

まとめるとこんな感じです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

廃止と書かれている特典

・銀行取引特典

2016/7/31時点の取引までが対象でそれ以降は終了。

・口座維持手数料無料特典

2016/7/25時点で提携クレジットカード保有の場合、8月分は無料。
9月から毎月第一営業日に2000円(税抜)引き落とされる。
口座維持手数料を無料にする方法は下記の5つのうちいずれかを満たせばOK。
1) 前月の月間平均総取引額の外貨部分が20万円以上
2) 前月の月間平均総取引額が50万円以上
3) 前月末時点で住宅ローンかプレスティアパーソナルローンの借り入れがある
4) 前月のプレスティアアドバンスマネーかカードローンの月間平均借入残高が4円以上
5) SMBC提携クレジットカードを保有
a) プレスティアVISAゴールドカード(年会費10000円 初年度無料 30万円利用で次年度無料)
b) プレスティアVISAプラチナカード(年会費35000円 初年度無料 100万円利用で次年度半額)
プレスティアVISAプラチナカードはプライオリティパス付帯なので、それがプレステージ会員かつ家族カードにも付帯だったら持ってもいいかもですね。ただ、その辺がどうなのかはまだ情報出てないです。
まぁ、作ろうと思ってもプラチナの入会資格は「SMBC信託銀行プレスティアの月間平均総取引残高1000万円相当以上」とハードル高いですけどね。。

8/1以降は決済口座の変更もできるようになるので、
別口座からの引き落としにしてしまえば口座維持手数料は気にしなくてもいいかもしれません。
ただ、それでカード年会費特典が適用されるかは不明ですが。

・キャッシュバック特典

2016/7/31申し込み分で終了。

・カード年会費特典(重要)

当面は継続(30万円利用で次年度無料)。
現在のカード利用分は次年度の年会費特典用に集計されている。
特典が変更または終了する場合は、1年以上前に案内する。

9月以降の口座維持手数料が無料になるように手を打たなくてはいけませんが、
ダイナースのベネフィットが年間30万円利用で無料にできるのなら大した手間じゃないですね。
カード年会費特典が改悪されるまでは使い続けるのが正解でしょう。

私はこのカード持ってないですけどね。。
プロパーダイナースからシティバンクダイナースに切り替えようとしていたタイミングで、
シティグループが日本撤退を発表したので、年会費無料特典の改悪を恐れて申し込むのやめたんですよ。。
作っておけばよかったな。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。