iPad Air2にキーボード装着してこたつでブログ書こうぜ


昨年購入した中古iPad Air2がイマイチ活用しきれていないので、装着式のBluetoothキーボードを買って付けることでブログ記事をいつでも書けるマシンにできないか試してみました。
ソフトウェアキーボードで書けばいいじゃんってのは無しね。あんなんで長文なんか打ってられないですからね。

購入したのはFGSのBluetoothキーボード。

iPadに装着できるキーボードは色々な種類販売されていますが、これはiPadを差し込んでノートパソコンみたいな風貌にできる点が購入に踏み切った理由です。価格が3000円弱と安いのも良いですね。
分離型のキーボードは膝の上で使う時使いにくそうだったので避けました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

キーボードが届いたのでiPadAir2に装着


注文から数日で到着。元々iPad Air用に売ってたのを上からシール貼ってiPad Air2用としてました。まぁサイズ変わらんから共用できるってことなんでしょうけど。
中身はこんな感じ。

装着はiPadAir2を差し込むだけででき、装着すると下のようにになります。最大でも110°までしか開きませんが、iPadAir2のディスプレーは視野角が広いので使っててさほど不便に思いませんでしたよ。

キーボードは小さいけど普通に文字が打てるって感じ。普段フルサイズキーボード使ってますが意外とすぐこのサイズに慣れました。

画面を持って振っても落ちたりしない程度にホールドされます。

iPadのBluetoothをONにしてキーボード本体左下の電源をONにし、Connectを長押し。

設定→Bluetooth→Bluetooth Keyboard→ペアリング

これでiPadとキーボードの接続は完了です。

コピペなどのショートカットは色々できました。下に書いておきます。Fnキー+左上のキーで即座にホーム画面に戻れるので秘密の作業をしている時に急にのぞき込まれても安心ですね。私はブログを書いてることを妻に言っていないのでね。。

・ショートカットの例
CapsLock : 日本語ローマ字と英数字の切り替え
Command + c : コピー
Command + v: 貼り付け
Command + x : 切り取り
Command + z : 一つ前に戻る
Command + b : ボールド
Command + i : イタリック
Command + u : アンダーライン
他にもCommand長押しでタイトルとか見出しとかのショートカット例も出てきます。

Fn + 左上のキー : ホーム画面に戻る
Fn + 1 : 画面の明るさを暗く
Fn + 2 : 画面の明るさを明るく
Fn + 3 : ソフトウェアキーボード起動
Fn + 4 : スライド
Fn + 5 : 検索
Fn + 6 : 説明書には入力方法と書いてあるが「検索」だった
Fn + 7 : 巻き戻し
Fn + 8 : 再生/一時停止
Fn + 9 : 早送り
Fn + 0 : ミュート
Fn + – : 音量ダウン
Fn + = : 音量アップ
Fn + Backspace : ロック画面へ

買ってよかった点

買う時想定していませんでしたが、こたつに入りつつ自分にクッションを乗せ、その上にこのキーボード付きiPad Air2を置けばこたつブログスタイルの完成です。
こたつのテーブルにPCを乗せていじっていると腰が痛くなるので、ソファの背もたれにもたれながら文字入力できるのは助かります。
これなら寒い日だってこたつに潜りながら記事が書けますよ。

こたつでダラダラしながらPCを使うための机も売ってますが、こたつから動くときにその机をどかすのがめんどくさいですからね。

キーボード368g + iPad Air2(WiFi) 437g=805g
と軽いのでずっとお腹の上に載せておいても苦になりません。

これでブログ記事を最後まで書くつもりはありませんが、下書きなら十分書けるのでいつでも気が向いた時に書けるようになったのはいいことです。

あと、自立するのでキーボードを使わずにネットを見るだけの時も便利です。iPad Air2が軽いとは言ってもずっと持ってるとやっぱり手が疲れますよ。

それにiPadはiPhoneと充電機を共用できるのも良いですね(キーボードはmicroUSBで充電なのでモバイルバッテリーと共用)。ノートパソコンは本体が軽くてもACアダプタが重くて旅行に持って行きにくかったりしますし、USB typeCで充電できるモデルはそこそこ値が張りますから。

中古iPadAir2+キーボードなら3万円ちょっとで入手できるし、やりたいことができて携帯性も良いなら万々歳じゃないですか。というわけで今回買ったキーボードにはとても満足してます。

不便な点

WordPressの場合、なぜかビジュアルモードだと入力した文字の変換ができないのでテキストモードで記事作成する必要があります。なので、メモで下書き→WordPress上にコピペしてからはメインPCで作業した方が楽ですね。

後、iPadは脱獄でもしないとマウスが使用できないので、マウスがいりそうな作業はきついです。画像貼ったり内部リンク設定したり。

上記の理由からキーボード付きiPadAir2は記事下書き用と割り切って使い、細かな調整はメインPCで行うことにしました。

終わりに

以上、iPad Air2にキーボード装着してこたつでブログ書こうぜって話でした。

iPadAir2+キーボードではノートパソコンの代わりにはなりませんが、私の求めていること(軽くて充電器小さくて自立してブログの下書きができる)はできるのでしばらくこの構成で使っていくつもりです。

この記事が似たような用途でiPadAir2を使おうと検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。