2018年10月:北海道旅行で海鮮三昧-まつりや・お食事処みさき・柿崎商店・函太郎-

10月に行ってきた北海道旅行の食事について書いていきます。

朝食は宿泊していたホテル「キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道」で頂き、昼食と夕食は札幌・積丹・余市・小樽の回転寿司屋さんや海鮮食堂で食べていました。

いや、北海道にはジンギスカンとかスープカレーとかザンギとか色々いっぱい美味しいものがあるのは重々承知していますよ。

でも、道外人からしたらやっぱり北海道=海鮮なんですよ。

だって美味しいもん。毎日寿司刺身天国したいじゃないですか。

北海道の人を差す道民の対義語として道外人って書いてみたけど、字面だけ見るととんでもない外道みたいですね。人の道を外してますからね。カタカナで読み仮名付けるとしたらアウトローっすかね。

はい。

さて、今回の記事では、10月の北海道旅行で訪れた食事のお店を紹介します。全部海鮮系です。

妻が魚を食わんとアホになるって騒いでいたので。

この発言自体がアホっぽい気もしますが、魚をあまり食べないことでこんなことを言い出したのであれば、妻の言っていることもあながち間違っていないのかもしれません。

お店については、メニュー、料理、クレジットカード使用可否、幼児連れで過ごしやすいかといった点を記載していきます。

1歳の息子の食事は全てベビーフードを持ち込んで済ませました。いつもの常温で食べさせられる&スプーン付きの和光堂のベビーフードセット。ほんと便利。

この鯛めしだと文句を言わずにバクバク食べてくれるので助かりました。味付きが良いのかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビッグサイズの栄養マルシェ 鯛めし弁当(110g+80g)【栄養マルシェ】
価格:314円(税込、送料別) (2018/11/7時点)

お店の料理で食べたのは卵焼きを少しくらいですかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

北海道旅行中に訪れた食事のお店

北海道旅行中に訪れた食事のお店は、

まつりや札幌新琴似店
積丹のお食事処みさき
余市の柿崎商店
函太郎小樽店

の4店舗です。観光客らしくメジャーどころを押さえてみました。

各お店について簡単にまとめるとこんな感じです。

店名 営業時間 子供用椅子 クレジットカード
まつりや札幌新琴似店 11:00-22:00 使用可能
お食事処みさき 09:45-16:00 不可
柿崎商店 10:00-19:00 不可
函太郎小樽店 11:00-22:00
(11月~3月は21:00まで)
不可

それでは各店舗を紹介していきます。

1日目夕食:まつりや札幌新琴似店



1日目の夕食は北海道ローカルチェーンの回転ずし屋さんである「まつりや」をチョイス。釧路発祥らしいです。

人気店だからか三連休の中日だからかあるいは両方か分かりませんが、それはもう超混んでました。

17:30に店着いたのに1時間待ちで席に着けたのは18:30。
三重県のスシローの感覚で早い時間だったらそんなに待たなくてもイケるだろうと思ってましたが見通しが甘すぎましたね。

ここは事前にウェブ予約必須です(下のページでできます)。

釧路発回転寿し まつりや 新琴似店(北海道札幌市北区) の待ち時間・混雑状況はEPARKファスパでチェック!順番待ちを解消する予約サービスだから、人気店の行列に並ばず快適にご利用になれます!

メニューはこちら。一皿128円から578円までと比較的リーズナブル。
写真撮ってないけど生ズワイガニが美味しゅうございました。それ以外はそこそこといった感じ。台風or三連休で漁に出れなかったのかもしれませんね。

すじこ(248円)。

サーモン(189円)とオーロラサーモン(280円)。

ミニ牛トロ丼。学食で牛トロ丼が出た日は気分が上がったよなって思いながら注文。軽くごま油がかけられてて学食の牛トロ丼よりちょっとリッチな味わいになってました。

子供用のイスもちゃんとあります。

お会計は6000円くらい。

今回訪れた飲食店で唯一クレジットカード利用可能でした。素晴らしい。

2日目昼食:お食事処みさき(海鮮)



4月下旬~10/31まで営業している積丹の海鮮料理屋さん。

定休日は第二第四水曜日。まっぷるに積丹の食事処がここしか載ってなかったから、ほかに食べるところが無いのかと思いましたが、全然そんなことなくてその辺にポコポコ飲食店が建ってました。

積丹らしくどの店もウニ推しなんで、好きなとこ入ったらいいんじゃないっすかね。

さて、お食事処みさきの店内ですが、席はテーブル席と座敷で駐車場の台数の割りに結構広めです。

駐車場が満車だから店内混雑してるかと思ったけどそうでもありませんでした。
子供用のイスはなさそうだったので、子連れなら座敷が子供にご飯食べさせやすいでしょうね。

注文は食券制で現金のみ。私たちが訪れた10月頭では既に生ウニの時期が終わっており、蒸しウニしか提供できないため、ウニを使った丼ものは全て300円引きになっていました。

妻注文の蒸しウニ、いくら、カニの三色丼。2200円。
少しウニ貰って食べてみたけどウニが苦手な私が食べても美味しいと感じれるほど美味しかったです。絶対に生ウニを食べに再訪すると妻は勝手に誓ってました。

私はウニが苦手なので海鮮丼。具材はイカ、ホタテ、アワビ、ボタンエビ、マグロ赤身、トロ、シャコ、穴子、しめ鯖、サーモン、いくら、ヒラメ、タイの13種。2500円。うまい。やっぱ外さないな、北海道って感じです。

食後はセルフサービスで食器を返却。

幼児連れへの注意点としては、このお店はオムツ交換できるスペースがないということですかね。
息子はここでウンチしたので、オムツ交換が大変でした。座敷で交換するわけにもいかないので、トイレの個室の便座カバーの上で交換しましたが固いとこでごめんって感じでした。

2日目夕食:柿崎商店(海鮮料理)



2日目の夕食は、余市にある柿崎商店でいただきました。お値打ちで美味しい海鮮が食べれると食べログでもっぱらの評判です。
余市駅の目の前にあるので車以外の方でもアクセスしやすいですね。

お店の隣に駐車場がありますが、そこが満車の時は付近にも駐車場があるのでそこに停めるようにしましょう。下の地図の現在位置の場所も柿崎商店の駐車場です。私たちはそこに停めました。

柿崎商店は入り口のレジで注文してから席で待つスタイルのお店です。支払いは現金のみ。。

メニューはこんな感じ。全体的に安いですよね。
丼ものには味噌汁が付いてきます。あと、+50円で酢飯にできます。

店内は気兼ねなく食べられる町の食堂といった雰囲気。

ホタテ丼(酢飯)といとこ丼(酢飯)をチョイス。酢飯がすごく酸っぱかったので、酢飯にしなければよかったです。。
具材の方はといいますと、いくらがプチップチで非常においしかったです。この旅行で食べたいくらの中ではここのものがベスト。
いくら丼の普通のご飯バージョンがこの日の正解でしたね。

丼ものに味噌汁が付いてくるのを見てなくて頼んでしまったてっぽう汁(680円)。
味噌汁あるならいらなかったかもって思いましたがうまかったので結果オーライです。食時の最後に飲みたいタイプの主張弱めかつ癒し系な味で好みでした。ちなみに味噌汁も同系統の味。
三重にいると、パンチのある赤みその味噌汁に遭遇することが多いので、この手の味噌汁に会えるとすごく嬉しいです。

子供用椅子もあります。
さらにトイレにおむつ交換台もありましたよ!
子連れに優しいお店ですね。
ベビーフード食べさせようとしてたら、レンチンする?って聞いてくれたし。

3日目昼飯:函太郎小樽店(回転寿司)


3日目の昼食は函太郎小樽店でいただきました。
函太郎は函館発祥の北海道ローカル回転寿司店で、新千歳空港にもあるくらいの有名店です。
小樽店の立地は小樽運河の隣ですが、なんと店内から運河は見えません。

メニューはこちら。
162円~918円と初日に訪れたまつりやよりも価格帯は高め。
でも観光客的には高くたって美味しいものが食べれればOK。
そういった意味ではこちらの方が観光客向きかなと思います。高い分美味い。

トロサーモン(389円)とイカ(292円)。
普段イカは食べないのですが函館旅行中に函太郎でイカ食ってうまかったのを思い出したので注文。イカソーメンで寿司になってるのってあまり見ないですよね。醤油に絡んでうまいっす。奥にあるのは息子用に頼んだ厚焼き玉子。とはいっても1歳児は卵を1/2~2/3個までしか食べられませんからそんなにあげれませんけどね。

いくらと炙り系のお寿司(670円)。
函太郎には、うまみの強い握り用の醤油と、塩気の強い軍艦用の醤油の2種類が用意されています。使い分けるのがめんどくさかったら、全部握り用の寿司醤油で食べておけば間違いないです。

子供用のイスもありました。

お会計は5000円くらいで、支払いは現金のみでした。
JALの機内で貰ったクーポンブック(ハピリカ)に函太郎の10%OFF券が付いてたのでちょっと安くなりました。ラッキー。

あと、会計時に子供用のおもちゃをサービスしてくれます。
帰りの車ではそのおもちゃを両手で持って大人しく乗っててくれました。

終わりに

以上、2018年10月に北海道旅行で海鮮三昧(まつりや・お食事処みさき・柿崎商店・函太郎)してきた話でした。

今、北海道はふっこう割で安く旅行できますから、この機会にお得に海鮮三昧してみてはいかがですかね。

食費がかさんだとしても、これは復興支援なんだと思えば気持ちよく払えるでしょうし。

ただ、さすがにこんだけ食ってると多少の増量は免れないので気を付けてください。

私は2泊3日でばっちり2kg太りましたよ。

「魚を食わないとアホになる」と言っていた妻もウニ、カニ、カニミソ、ボタンエビ、いくら、ホタテ、シャコを食べて満足そうでした。あれ、魚は……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。