2018年7月の幼児連れハワイ旅行を手配した話【日本→オアフ島→ハワイ島→日本】

アロハー。

家庭内ツアーコーディネーターこと実践野郎です。ごきげんよう。

妻のお母さんからJALマイルが一人当たり20000マイル貯まったんだけどいい旅行先ない?と相談を受けたのが事の始まり。

20000マイルだとアジア往復だけど片道LCCにすればハワイも行けますよ〜なんて話していたらじゃあそれでってことに。

じゃあそれでって……え、ああ、はい。私が手配するんですね。。

ってなわけで私が手配することになりました。

今回の記事では7月の幼児連れハワイ旅行を手配した話を書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

旅行メンバー

今回のハワイ旅行のメンバーはこのような大人3名+幼児1名となっております。

妻:SPGアメックスホルダー(SPG&マリオットゴールド)
妻の母:平日息子の面倒見てくれている
妻の妹:良い奴
息子:1歳の天使。最近歩けるようになった。

我が家は共働きなので平日は妻のお母さんに1歳の息子の面倒を見てもらってます。

そのお義母さんがハワイに行くとなると、息子を見てくれる人がいなくなるので妻は仕事を休まなくてはいけません。

どうせ仕事休むなら一緒にハワイ行ってきたら?ということで妻と息子の分も手配することになりました。
JALの国際線は二歳未満だと大人の10%分のマイルで発券することができます。ハワイ片道だと2000マイルですね。

私はお留守番です。
そんなに長期間会社休めないのと、妻がハワイ行くなら私はフジロック行けるじゃんって考えから今回は帯同しないことにしました。

航空券

まずは航空券からです。

ハワイ行きの特典航空券なんて一年前からじゃないと取れないぜって思うじゃないですか。
でもですね、オアフ島は無理でもハワイ島発着の便なら案外空いてるんですよ。

オアフ島とハワイ島のどちらでも日本からなら片道20000JALマイルです(+税金等10000円程度)。2歳未満の子供は2000マイル(+税金等1000円程度)。JALは幼児もマイルで発券できるのが素晴らしいですね。

JAL便予約後にバシネット席の予約のためにJALコールセンターに電話したのですが、電話がつながるまで40分くらいかかったので、時間に余裕のある時に電話するようにしましょう。JALは2歳未満で体重10.5kgまでならバシネット使用可能です。

できれば往路をJAL便にしてJALOALOカードをゲットしたいところでしたが、それだと希望の日程に空きがなかったので、往路エアアジア→復路JALとすることにしました。

エアアジアは座席指定や預け荷物込みで片道33000円/人くらいで、幼児は4000円。

預け荷物の料金は1個3500円、2個6300円なので、1人1個ずつで3個預けるよりも1人2個+1人1個の合計3個で預けた方が700円安くなります。

オアフ島ハワイ島間のハワイアン航空便も別途有償で手配(大人一人14000円くらい。2歳未満の幼児は無料)。

まとめると、

エアアジアで関空からオアフ島に行き
ハワイアン航空でハワイ島に渡り
JALの成田経由中部国際空港行きの便で日本に帰ってくる

というスケジュールですね。

3レターコードで書くと
KIX-HNL-KOA-NRT-NGO
といった風になりますね。

大人3人と1歳の幼児1人の航空券は、62000JALマイル+約176000円かかりました。

高いような安いような。夏休みシーズンだし2島巡ってこの料金なら悪くない感じなのかな?まぁいいや。

JALから国内線と国際線で1個ずつ子供用のおもちゃを頂きました。

ホテル

ハワイで宿泊するホテルは

妻のSPGアメックスの更新特典でロイヤルハワイアン一泊
コートヤードマリオットワイキキ2泊
コートヤードキングカメハメハコナビーチホテル2泊

としました。

以下各ホテルについて書いていきます。

ロイヤルハワイアン

初日はロイヤルハワイアン。

スタンダードルームに大人2名で泊まる場合、SPGアメックスの更新特典でいつでも無料宿泊できますが、大人3人で泊まる場合は155ドルの追加料金が必要です。

気になるSPGゴールドの特典は
アーリーチェックイン(13:30)&レイトアウト(14:00)可能
部屋のアップグレード有り(スタンダード→スイート!!)
でした。

スイートですよ。妻からスイートになったってラインきたときは目を疑いましたね。

スイート!!??って。

ヒストリックガーデンスイートにアサインされました。
割引価格で1070ドル/泊。

SPGゴールドってスタンダードルームの展望のいい部屋くらいのアップグレードだと思ってましたが、スイートへのアップグレードもやってくれるんですね。
大人三人幼児一人と人数が多かったからですかね?

俺のときは壁ビューだったのに。。

狙ってできるものではないですが、ゴールド会員でもスイートへのアップがあるとなるとワクワクしながらチェックインできますね。

・注意点

SPG AMEXの更新特典でいつでもロイヤルハワイアンに泊れたのは過去の話で、今後はローシーズンのみ泊まれるようです。

というのもSPGとマリオットが合併してSPG AMEXの宿泊特典がカテゴリー6までのホテルから1泊50000ポイントまでのホテルに変更されたからです。

これらの変更でロイヤルハワイアンはカテゴリー6から7へアップし、宿泊ポイントは通常60000ポイント、ローシーズン50000ポイントとなっています。

2018/8以降のSPG&マリオットホテルの新カテゴリーは下記公式ページから検索できます。

Explore Free Night Award redemption rates for all 6,500 participating hotels across 29 brands. Rates take effect in August.

コートヤードマリオットワイキキ

こちらに2泊お世話になりました。ここはリゾートフィーが不要なのがうれしいです。

大人3人だとスタンダードルームの予約ができなかったため、初めからスイートで予約していきました。

スイートと言っても一泊300ドル程度なのでロイヤルハワイアンのスタンダードルームよりもお安いです。

ここを予約するときに、

マリオット公式:室料+大人追加料金+幼児追加料金=$800
Hotels.com:室料+大人追加料金=$700
Booking.com:室料のみ=$600

と、Booking.comが異様に安かったのでこちらで予約。

一応マリオット公式にBRGの申請をしてみましたが、「室料で比較するとマリオット公式の方が安いから」と却下。

注意書きに現地で追加料金が発生する場合有りと書いてあったので、あまり期待せずにいたのですが、結局、現地で追加大人や幼児分の追加料金を取られることもなく室料のみで宿泊できました。公式よりBooking.comの方が全然お得じゃんね。

コートヤードキングカメハメハコナビーチホテル

ハワイ島ではこちらに2泊。2泊で500ドルくらい。

大人3人目や幼児分の追加料金は不要でした。

お部屋はスタンダードからパーシャルオーシャンビューへアップグレードされました。

なかなか渋い感じですね。

この旅行でかかったホテル代は全部で1255ドルくらい。
ロイヤルハワイアンがスイートになってくれてるおかげで、だいぶお得感ある感じになってくれました。

空港⇔ホテル間のタクシー

空港⇔ホテル間の移動は、チャーリーズタクシーを手配しました。

やり方は昔書いた記事をご参照ください。出発前に予約できるんで良いですよ。

ホノルル空港からワイキキにあるホテルまでの移動手段としてタクシーが挙げられますが、 普通の流しのタクシーに乗るとチップ込で45$くらいかかります。 ハネムーンの時はチャーリーズタクシーのことを知らなかったので、上記の料金を払っていました。。 今回はホノルル空港⇔ワイキキ間片道29$(チップ含まず)と 安い運賃で乗るこ...

ネット環境

以前訪れた時と同様に、フォートラベルグローバルWi-FiでレンタルWiFiをレンタル。7日間で700円と激安だった。

米国のプリペイドSIMは2000円以上するので今回はこっちにしました。

1台持っていけばみんな使えるしね。

海外でインターネットが格安で使える海外WiFiレンタルサービス。お手持ちのスマホやノートPCが海外で使える海外WiFiレンタルサービスならフォートラベル GLOBAL WiFi。

海外旅行保険

息子の保険は妻のクレカ(SPG AMEX&セディナゴールド)付帯の家族特約に新・海外旅行保険【off!(オフ)】で治療費用保証だけ1000万円分付けて完了。これで治療費合計1400万円まで対応。

救援者費用、賠償責任、携行品被害はクレカの保険で十分カバーできますが、米国の医療費はバカ高いんで、カード付帯の保険だけだと足りない可能性があります。

保険料1490円で安心が買えるなら安いもんでしょう。

他の保険会社(Tabiho, AIG, aiu)と価格比較してみたけどoff!(オフ)が圧倒的に安かった。2番目に安い会社の半額以下ですからね。他社、もっと頑張って価格競争してよ。

off!(オフ)は航空会社のショッピングモールを経由して申し込むことで、マイルやポイントをゲットすることができます。私はUAのマイルを貰うことにしました。僅かですが貰えるものは貰っておきましょう。

・JAL(100円=1eJALポイント)

こちらは損保ジャパンの海外旅行保険ページです。それぞれのスタイルやご予算に応じて保険をお選びいただけます。「JAL保険ナビ」は、各種保険のご加入でeJALポイントがたまる唯一の総合保険サイトです。保険に関するご相談も専門スタッフが無料で対応致します。

・ユナイテッド航空(100円=1マイル)

・デルタ航空(100円=1マイル)

大人はクレカ付帯の保険でカバー

息子の食糧

息子の分の食事はGWのタイ旅行の時と同様に全食ベビーフードを持っていきました。

タイの時は何も考えずに適当に買って持っていきましたが、アメリカは肉類の持ち込みが禁止されているので成分表示を見ながら肉類や肉のエキス(チキンエキス、ビーフエキス、ポークエキス)の入っていないものを選んでいきました。

運良く荷物検査をパスできれば肉入りベビーフードを持ち込むことも可能ですが、見つかったら没収&未申告ならさらに罰金(500ドル)です。没収されてしまうと子供の食事がなくなってしまうので、無駄なリスクは冒さずに最初から持ち込めるものを探して持っていきましょう。

5泊7日分のベビーフードとお茶をスーツケースに詰めたら結構な重量になったので、プロパーAMEXカードの空港手荷物配送サービス(無料)を利用して出発日前に空港に送っておきました。

子連れで重たいスーツケースも持って……ってのはなかなか大変ですから、こういったサービスをどんどん活用していこうと思います。プロパーAMEXは初年度年会費無料で申し込めることが多いんで、お試しで使ってみて便利さを確かめてみると良いでしょうね。

AMEXの空港荷物配達の詳細については公式ページをご参照ください。

出発7日前までに申し込み。集荷は空港受け取り希望日の前日までOK。

申し込み時に搭乗日時と便名が、空港で荷物を受け取る時にAMEXカードの掲示が必要です。

終わりに

以上、2018年7月のハワイ旅行を手配した話でした。

妻は2年ぶりのハワイを楽しめたようです。

ハワイの人たちは子供にかまってくれるので、息子が日本にいる時よりも上機嫌だったそうです。そういえばGWのタイの時もそうだったな。

妻にはハワイをエンジョイしていただくことで、私もフジロックをエンジョイできるという形にすることができて良かったです。

めでたしめでたし。

過去のハワイ旅行記事まとめ↓

2016年のGWにハワイ旅行行ってきた-旅費まとめと各日の日記へのリンク-

・2016年11月にもハワイ旅行行ってきた-旅費まとめと各日の日記へのリンク-

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。