2018年GW:10か月の幼児連れでサムイ島旅行1~6日目-昼食&夕食で訪れたサムイ島のレストラン-

サムイ島に滞在していた時の食事についてですが、朝食は宿泊していたホテル「ライブラリー」で頂き、昼食と夕食はチャウエンビーチロード沿いにあるレストランに行って食べていました。

ライブラリーの朝食についてはこちらの記事の中で紹介しています。

GWにサムイ島のザ ライブラリーに幼児連れで5泊してきたから紹介と感想を書くよ【宿泊記】
GWに幼児連れでサムイ島旅行に行ってきたのですが、サムイ島で宿泊するホテルはDesign Hotels™加盟ホテルでS...

朝食の量が多い&食べる時間が遅いこともあり、昼食は食べたり食べなかったりでした。

今回の記事では、サムイ島滞在時に訪れたレストランを紹介していきます(タイ料理屋&イタリアン)。

イタリアンのお店はピザ窯を持っているので、どこでピザを食べても美味しかったですよ。

それではさっそく紹介していきます。

メニュー、料理、クレジットカード使用可否(VISA)、幼児連れで過ごしやすいかといった点を記載します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サムイ島滞在中に訪れたレストラン

サムイ島滞在中に訪れたレストランは、MARZANO, LITTLE BOAT、TAPAS BAR, DUOMO, CREAM CAFE, VIA VAI, Cibo e vino by Vecchia Napoliです。上の地図中で赤い四角で囲ってますので、これを見れば位置関係を把握できるかと。

ライブラリーからは北にあるDUOMOまで徒歩15分、南にあるLITTLE BOATまでは徒歩20分でした。

ライブラリーより北側はたくさんお店があってにぎわっているので、歩いていてもさほど時間は気になりませんが、南側は北ほど栄えていないので20分歩くのはしんどいです。1回くらいなら頑張れるかなといった感じ。無理せずソンテウなどを使いましょう。

これらのお店はチャウエンビーチロード沿いにあるのですが、チャウエンビーチロードの歩道は狭くて段差が多いうえに、通行する観光客がたくさんいるのでベビーカーは全く使い物になりません。歩けない子供は抱っこ紐で抱っこしていくのが良いと思います。

各お店について簡単にまとめるとこんな感じです。これらのお店であれば、二人で飲み食いしてチップ込みでも1000バーツで収まると思います。
また、子供用のイス有のお店では例外なく食事中に子供を抱っこしていようか?と聞いてくれました。子連れに優しいお店が多くて助かります。

店名 営業時間 子供用椅子 クレジットカード(VISA)
MARZANO 11:00-22:30 使用可能
LITTLE BOAT 10:00-23:00 使用可能(2%手数料)
TAPAS BAR 16:00-1:00 使用可能
DUOMO 12:30-0:00 無し 使用可能(1000バーツ未満3%手数料)
CREAM CAFE 9:30-23:00 使用可能
VIA VAI ? 使用可能
Vecchia Napoli 14:00-23:00(月曜定休) 1000バーツ以上で使用可能

それでは各店舗を紹介していきます。

1日目昼食:MARZANO(イタリアン)



ライブラリーからビーチに出て北の方向に歩いていくと数分で到着するマリブリゾート内のレストラン。ビーチ沿いにあるのでライブラリーから向かう場合はビーチを歩いて行った方が早いです。

メニューはこんな感じ。パスタは290~380バーツ。ピザは320~380バーツ。

ドリンクメニュー。水40バーツ、ソフトドリンク70バーツ、スムージー120バーツ等。

注文したのはマルゲリータ(280バーツ)と

スモークサーモンのピザ(380バーツ)とバナナスムージー(120バーツ)を注文。

ピザ窯で焼いた焼き立てのピザがうまくないわけない。生地がモチモチしたピザで美味しい。ここ以外のイタリアンのお店はサクサク系のピザでした。どっちも美味いので食べ比べたら良いんじゃないですかね。

注意点としては1人1枚頼むと多すぎるかもしれないという点ですね。同行者が少食だと1.5枚食べることになり、おなか一杯になり過ぎてしまう恐れがあります。

バナナスムージーも甘すぎず美味しい。カウンター席は海に面しています。

ピザは下写真のピザ窯で焼かれます。

MARZANOにはベビーチェアもありましたが、訪れたのがアイドル時間だったためか、私たちの食事中ずっと店員さんが息子を抱っこしてあやしてくれました。息子は人見知りもせずに上機嫌。

外食の食事で両手を使えたのは久しぶりで、ゆったりと食事を楽しむことができました。

タイの人は子供好きって言うのは本当かもしれないと滞在初日にして実感することになりました。別の日に行った他の店でも食事中に子供を抱っこしてあやしてくれましたよ。

お会計はクレジットカード利用可能。
サービスチャージが10%かかっていたのでチップは渡しませんでした。

余談ですが、この店で食事中にスコールが降り出し、食後十分くらい待ってもやまないから、しょうがなしに私一人濡れネズミになって部屋まで傘を取りに行って帰ってきたら、その瞬間にやむというイベントが起こりました。余談終わります。

1日目夕食:TAPAS BAR(タイ料理)



夕食はライブラリーが運営しているタパスバーへ。
ここはタパスを1品99バーツで食べれるので、サクッと何か食べたいときにピッタリです。昼に食い過ぎたせいで、あまりおなかが空いていないようなときにも使えます。

フードメニューは34種類から選んで紙に書いて注文するスタイル。写真付きなので分かりやすい。

頼んだタパスは2品。

1品目。32:sua rong hai(スア・ロン・ハイ)。直訳すると「トラ、泣き出す」だそう。トラが泣くほどうまいってことか。
牛肉のステーキと揚げ物の付け合わせ。ステーキは薄くてそれなり。揚げ物はサクサクで美味しかったです。

2品目。27:poo nim song krueng。
揚げたソフトシェルクラブにガーリックチップがガッツリかかっている食い物。
塩にんにく味でとても美味しかったのでおススメ。
ガーリックチップに紛れてところどころに見える小さな赤い物体は唐辛子なんですが、日本の感覚で食べると痛い目にあいます。めちゃくちゃ辛くてスムージーが半分無くなりました。

タパスバーで食事をする時のドリンクは、隣にあるドリンクギャラリーから持ってきてくれます。こちらもライブラリー運営。

この時の食事は、タパス2品(99バーツx2)+スムージー2品(200バーツx2)で600バーツ+チップ10%でした。

部屋付けにしてチェックアウト時にクレジットカードでお支払い。

オープンエアーのカウンターに2人用の固定椅子がぐるっとついているので、子供用のイスはありません。
ソファ席もありますが、この日はスコールでびちょびちょだったので使えませんでした。

ここでは私と妻の間に息子を掴まり立ちさせて交互に見ながら食べました。

2日目昼食:LITTLE BOAT(タイ料理)



ライブラリーから南に徒歩20分ほどでたどり着けるタイ料理屋さんです。

メニューはこの一枚しか撮っていませんが、全体的に安かったです。

頼んだのはチキンチャーハン(120バーツ)、トムヤンクン(忘れた)、プーパッポンカリー(180バーツ)、スイカジュース(80バーツ)x2で合計600バーツいかなかった。安い。味も良い。

チャーハンはパラッパラで美味しいし、プーパッポンカリーはこれまた美味しかった。
プーパッポンカリーに入っているカニの殻をどう処理して良いかわからずに、殻ごと噛み砕きながら食べたのですがこれで合っていたのでしょうか。。

後で知ったのですが、プーパッポンカリーを頼むときに「ヌア」プーパッポンカリーと頼むと殻をむいた状態で出てくるそうです。そっちの方が食べやすいでしょうね。

トムヤンクンはここで食べたのが生まれて初めてなので、これが美味しいかどうか判断できませんでした。ほう、これが噂のあのトムヤンクンか。ふむ。といった感想しかないです。

スイカジュースは安定の美味しさでした。

リトルボートには子供用のチェアがありましたが、こちらのお店でも店員さんが息子を抱っこして食事が終わるまであやしてくれました。サムイ島だと幼児連れでの外食の難易度がグッと下がりますね。

お会計はクレジットカードで。
2%の手数料がかかると言われましたが構わず決済。

安いし美味しいしサービス良いのでおススメですが、ライブラリーからの徒歩はちょっときついっすね。ソンテウ乗りましょう。

2日目夕食:DUOMO(イタリアン)



ライブラリーからチャウエンビーチロードを15分ほど北上すると、上の写真のような看板があるので、それに従って右折するとイタリアンレストランDUOMOがあります。

ライブラリーから北側はたくさんのお店やセントラルフェスティバルといった寄り道スポットがあるため、徒歩15分の距離でも大して苦になりませんでした。

DUOMOの席はテラス席が3席とあとは室内席になります。人気店のようで、食べ終わって店を出る時には何組か並んでいました。

今回は2人掛けの席に案内されたので、息子を私の太ももの上に左手で支えつつ座らせて食事をとりました。タイ滞在時は店員さんが預かってくれるので楽させてもらえましたが、外食時はいつもそのようにして食べているので慣れたものです。

息子は立った状態だとテーブル上のものを触ろうとしますので座らせます。
座らせてもすぐに立つのですが、この間は息子は立つことに必死でイタズラできないんです。この隙に一口食べるわけですね。

息子を座らせる→私一口食べる→息子立ち上がってテーブル上のさらに手を伸ばす→息子座らせる→……を食べ終わるまで繰り返します。

子供用のイスはなさそうでした。

メニュー①

パスタは240バーツ~

メニュー②

ピザは260バーツ~。飲み物はコーラ60バーツ、ジュース70バートといった感じ。

まず最初にお通し的なパンがでてきます。写真には写っていませんがソースにディップしていただきます。

パスタ(320バーツ)。妻がうめーうめーと食ってました。

4種のチーズピザ(320バーツ)。
このお店もピザ窯で焼いたピザをいただくことができます。
サムイ島で食べたピザはどれも美味しかったですが、順位をつけるとしたらここのピザが一番ですね。

初日にピザ&ピザで失敗してるのに、この店でも炭水化物しか食ってねーな。。

お会計は770バーツ+クレカ決済手数料+チップ。決済手数料+チップで10%程度になるように払いました。

DUOMOはクレジットカード利用可能ですが、1000バーツ未満の場合は3%の手数料が必要になります。ご注意ください。

味で選ぶならこのお店がベストですが、混んでいるしテーブルの間隔も他の店より狭めなので、子連れ向きかというと微妙かなーといった感じです。

最後まで良い子で大人しくしてくれていて良かった。。

3日目夕食:CREAM CAFE(タイ料理)



3日目の夕食はケーキが美味しいCream Cafe。
セントラルフェスティバルからチャウエンビーチロードを少し北側に歩くとあります。

前日、DUOMOの帰り道にここでアイスを買って食べてみたら美味しかったので、ケーキも食べてみようということになり再訪。そのついでに夕食も食べました。

お店の中はカフェって感じですね。室内なので虫の心配は必要ありません。

子供用のイスはありませんでした。

私が注文したのはココナッツケーキ。ケーキの上に載っている白い棒状の物はココナッツの実です。優しい甘さで美味しかったですよ。海外のスイーツってバカみたいに甘いことが多いですが、ここのは丁度いい甘さで好印象でした。

ケーキはどれも100バーツ程度です。

スイカジュース。おいしい。

パスタ。普通。イタリアンのお店で食べたほうが良いかな。

マッサマンカレー。好きな人は好きだと思います。
この辺で自分たちはタイ料理があまり合わないんだろうなってのが確信に変わってきました。そういえばフジロックフェスティバルに出店している大人気タイ料理露店のジャスミンタイも好きじゃなかったもんな。。

ケーキx2、ソフトドリンクx2、パスタ、マッサマンカレーで800バーツくらい。

クレジットカードは手数料なしで使用可能でした。

Cream Cafeのケーキは甘さ控えめで美味しいのでおススメです。ただ、食事をとるなら他のイタリアン行った方が良いかなと思います。

別の日にイチゴのチーズケーキとバナナマフィンも買ってみましたが、こちらも美味しかったですよ。

4日目夕食:VIA  VAI(イタリアン)



前日夕食を食べたCream Cafeから40mくらい北に歩くとあるイタリアンVIA VAIで4日目の夕食を。

3日目までは部屋で息子の夕食を食べさせてから大人が夕食をとるお店に向かっていたのですが、4日目からはお店で注文を待っている間に息子にベビーフードを食べさせることにしました。もちろんごみは持ち帰ります。

こういう時は常温で食べさせられる&スプーン付きの和光堂のベビーフードセットが便利です。
こういうの↓

早めの時間帯に訪れたせいかガラガラだったので6人席に案内してくれました。ベビーチェアも有り。

ドリンクはスイカシェークとバナナシェークをオーダー(ともに120バーツ)。

ブルスケッタ(130バーツ)とカボチャのスープ(220バーツ)。
ブルスケッタは片手で食べやすいので幼児連れにピッタリですね。逆にスープは幼児連れだと食べにくいです。

ピザの種類が多くてどれにするか決めかねていたら、店員さんからこれにしたら?と勧められた4種の具材のピザ(330バーツ)。薄めの生地のサクサク系ピザです。ピザ窯で焼いているので当然美味しい。

お会計は920バーツ。チップ込みで1000バーツ払いました。

クレジットカードは手数料なしで利用可能。

VIAVAIでも店員さんが食べている間抱っこしてようか?と聞いてくれましたが、なぜか息子が恥ずかしがっていたので止めておきました。

私たちはディナーで訪れましたが、下記事によるとランチタイムにピザ一品注文するとソフトドリンクが無料でついてきてお得みたいです。旅行前に知りたかったー。。

 2015年2月24日サムイ島の天気は、快晴日陰でも暑さでフラフラ〜。気温が上昇しています。本日の最高気温は32℃これからやってくる酷暑が怖いです。今日も遊び(海)に行きたい!!とウズウズするぐらい、とってもいいお天気だったのです

5日目夕食:Cibo e vino by Vecchia Napoli(イタリアン)



サムイ島最終日のディナーはVecchia Napoliへ。ライブラリーからの距離的にはDUOMOと変わらないのですが、DUOMOは混んでるから幼児連れだと行きにくいよなーということで他のお店にしてみました。

ムエタイをやっているチャウエンスタジアムの近くにあります。

室内のエアコンの効いた席に案内してくれました。

ドリンクメニュー。

フードメニュー。

子供用のイスもあります。
が、ここでも店員さんが食事中に息子の面倒を見てくれたので、ほとんど使いませんでした。タイの飲食店、マジ子連れに優しいぜ。

前日、VIA VAIでブルスケッタの食べやすさに味をしめたのでこちらでもオーダー(100バーツ)。

パスタはボンゴレを注文(320バーツ)。茹で具合はやわらかめでちょっと残念。

4種の具材のピザ(340バーツ)。美味しいです。
サムイ島でイタリアン行ったらピザ食っておけば間違いないんでしょうね。きっと。

お会計は上記料理にソフトドリンクx2で880バーツ。これにチップを10%足して渡しました。

クレジットカードは1000バーツを超えたら利用できるようです。

味は悪くないのですが、私達がいる間に他のお客さんは一組も来ませんでした。経営大丈夫かしら。。

エアコンルームで空いているお店なので、子連れには良いかもしれませんね。

終わりに

以上、2018年GW:10か月の幼児連れでサムイ島旅行1~6日目-昼食&夕食で訪れたサムイ島のレストラン-でした。

サムイ島には美味しいイタリアン(ピザ)がたくさんあるので、タイ料理が苦手でも安心です。

私はサムイ島で毎日のようにピザ食ってたら3kg太りました。

あと、サムイ島の飲食店は空いてる時間帯に行くと、食事中に子供を抱っこしてあやしてもらえる確率がかなり高いです。

幼児連れの場合はこのサービスを期待して繁盛店を避けるのも有りかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。