未決済ポジションのスワップポイントの税金について

今回はFXのスワップポイントの税金について書いていきます。
決済済みポジションで得たスワップポイントの利益は当然課税対象ですが、
未決済ポジションでもスワップポイントが課税対象になる業者があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

・未決済ポジションでもスワップポイントが課税対象になる業者

例:YJFX、SBI証券、インヴァスト証券、GMOクリック証券、楽天証券、FXトレードフィナンシャル、セントラル短資、マネースクウェアジャパン等

このカテゴリーの業者を利用している場合、
仮に保有ポジションの為替差益がマイナスで塩漬け状態でも、
プラススワップが確定益として扱われるため、その分の税金を払わなくてはいけません。
つまり、サラリーマンの場合、差益+スワップが20万を超えると毎年確定申告が必要になります。

税金の支払いをなるべく先送りにすることが資産形成のコツですので、
これからFXを始めるのならこのカテゴリーの業者じゃない方が良いかもしれません。

このカテゴリーに向いている人は、
「過去三年以内に損失繰り越しをしていて、
保有ポジションを決済することなくプラススワップを繰り越した損失解消に使いたい人。」
私ですね。。

・未決済ポジションのスワップポイントは課税対象にならない業者

例:ヒロセ通商(LionFX)、ライブスター証券、DMM FX、FXプライムbyGMO、マネーパートナーズ、カブドットコム証券、SBI FXトレード等

異業者両建てでよく使われるヒロセ、ライブスター、DMM、FXプライム
代用有価証券FXで長期スワップ運用を狙うマネパとカブドットコム
長期積み立て運用に向いているSBI FXトレード
は未決済ポジションのスワップが課税対象になりません。

長期間ポジションを保有する方にはこちらのカテゴリーの業者をお勧めします。
こちらの業者の方が多数派です。

長期でのスワップ運用や異業者両建てを行う場合は、利用業者が未決済ポジションのスワップポイントの税金をどのように取り扱っているか確認することが重要です。
毎年スワップ分の税金を払っていたら複利効果が下がってしまいますし。
ルールにのっとった節税で資産形成を効率よく進めていきたいですね。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。