個人口座の私が計上しているFXの経費

もうすぐ年末ですね。

この時期になると自分の運用が年間で黒字になりそうかどうか分かってくるので、黒字の方は少しでも節税しようと経費で色々買いますよね。

法人口座だとかなり色々経費で落とせるみたいですが、個人口座はなかなか厳しいみたいです。

今回は私が実際にFX経費として計上しているものを紹介します。
今のところ税務署からのおたずねは来ていません。

税務署からおたずねが来ても「FXに関係している!」と自信をもって断言できるモノ・割合でしか計上していないので、そんなに参考にはならないかもしれませんが、いままで経費計上してこなかった方の参考になれば幸いです。

私が計上しているFXの経費は下記の4種類です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

私が計上しているFXの経費

1) 取引手数料(4万弱)

YJFXは1000通貨取引で30円手数料が発生していたので、経費として計上。
1000通貨で手数料を取っている業者(楽天証券、DMMFX、FXプライム)を使用している人とか、
マネースクウェアでトラリピやっている人は、しっかり手数料を経費として計上しましょう。

2) ディスプレイ代(4万弱)

常にチャートを表示させるために、メインとは別にもう一台ディスプレイを購入。
FX専用で使っているので全額経費計上しました。

3) パソコン代(10万弱)

メインのPCは別にあり、購入したPCはFX専用マシンとして使っているので全額経費計上。
10万円を超えると減価償却の対象となって、複数年に申請額を分けないといけなくなるので10万未満のPCを買って申請。

4) 通信費(2万くらい)

プロバイダー代+回線使用料を通信費として計上しています。
プライベートでも使用しているので計上額は半額としています。

電気代や携帯使用料等は、FXに使用していてもプライベートとの割合の根拠を示すのが難しいので計上していません。

大したことはしていませんがこんな感じです。
10万円経費計上できれば20315円税金の支払いを減らせるので、正当な経費はしっかり計上していきましょう。

あ、ちなみに赤字でも経費計上できますよ。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。