【ダイナースカード】プレミアムカードのインビ送ってきたくせに退会引き止めが微妙だった件。

ダイナースクラブが何を血迷ったのかプレミアムカードのインビテーションを送ってきました。
私の年間決済額なんて100万未満の967,661円なのになんで私にって感じです。
こんな少額決済の人間にブラックカードのインビテーションを送ってくるなんてそんなに客がいないのかと心配になってします。
インビテーション.gif
さて、そんなダイナースクラブカードですが、なかなか魅力的なカードなので個人的に優れていると思う点を紹介しますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ダイナースカードは魅力的

1) 入会初年度のキャンペーンが魅力的(私の時は50万円利用で5万ポイント=5万マイルでした)
2) ダイナースポイントモールの還元率が他カードのポイントモールよりも高い
3) Hotels.comが常時10%引きになる(海外旅行で重宝します)
4) 2人で食事に行くと1人分が無料になる(エグゼクティブダイニング)
5) 空港ラウンジが普通のゴールドカードよりも良いところに入れる(KALのビジネスクラスラウンジ等)
6) ハワイでHISが運営しているレアレアトロリーに無料で乗れる
7) 限度額がないので大きい買い物が続くときでも安心(事前に連絡すれば家だって買える)

初年度は年会費22000円を払っても十分元が取れるくらい魅力的なカードです。
2年目以降は人によりますね。

だが、退会した。

私は1)の初年度のキャンペーンに惹かれて入会したクチなので一年経って年会費が発生する前にダイナースクラブカードを退会することにしました。

ネットの中には退会時の交渉で年会費無料に加えてポイントまで勝ち取った方もいるようなので、私もポイントまでは無理でも年会費無料くらいならいけるのではないかと期待しつつカード退会の電話をかけました。
正直、プレミアムのインビ送ってくるくらいなんだからと、かなり期待してました。

その時のやり取りをざっくり下に書いておきます。

丁寧な口調の男性オペレーター(以下オペ男)に
退会したい旨を伝えると、さっそく引き止めてきました。

オペ男「実践野郎様は私どもにとって特別なお客様ですので…」

オペ男「年会費をご優待ということでいかがでしょうか?」

…ご優待?無料ってこと?

「ご優待というのはどういうことでしょうか?」

オペ男「はい。通常年会費の7000円引きの15000円でのご優待となります!」

え、年会費タダにならないの…

「わ、割引ですか…?無料ではなく?」

オペ男「左様でございます!これで継続していただけますでしょうか?」

うーん、微妙。これ以上は厳しそうだ…

時間もなかったため、メインカードの切り替えを考えており、使用頻度が落ちるカードの年会費に15000円も払えないと伝え、そのまま退会しました。

年会費割引を提案される場合もあるんですね。
年間100万も決済していない弱小ユーザーなのに年会費無料にしてもらえるかもなんて夢見すぎでした。

今回、私は元々退会するつもりだったのでそのまま退会しましたが、使い続けていくつもりの方でも退会をにおわせることで年会費割引or年会費無料にしてもらえるかもしれませんよ。
引き止められずにそのままあっさり退会になってしまっても私は責任を負いかねますが。

翌年の年会費が発生しない退会タイミング(2017/11/15追記)

あれから2年の月日が流れ、今度はANAダイナースカードを解約しました。
このカードも入会キャンペーン目的で発行して2年目の年会費が発生する前に退会しています。

退会するときに年会費の発生のタイミングについてオペレーターの方に聞いたのですが、例えばカードに記載されている入会月が16年12月の場合、12/10までに退会申込すると次年度の年会費が発生しないそうです。

ただ、12/10を過ぎると1/10引き落としで年会費の請求が計上されますが、1/10までに退会の申し込みをすれば、一旦引き落とされた後に返金という形で対応していただけるそうです。

年会費が発生する前にダイナースカードを退会したい方の退会タイミングを決める参考になれば幸いです。

以上、プレミアムカードのインビテーション送ってきたくせに退会引き止めが微妙だったダイナースカードについてでした。

退会時の交渉次第でいい条件引き出せそうなんで、こういう時にうまく立ち回れる人ってすごいなぁと思います。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローすると更新情報がチェックできます。